良いコラーゲン

良いコラーゲン

美容にとって欠かせないコラーゲン。

コラーゲンはたんぱく質の一種です。
体の皮膚や筋肉、内臓、骨などのあらゆる組織に含まれているといわれており
細胞を繋ぎとめる働きがあるといわれています。

体内のタンパク質の3分の1がコラーゲンでできているのだそうです。
またお肌の70%がコラーゲンで構成されており、細胞と細胞の間を埋めるように存在
しています。

ハリのある肌を保つのに必要なのがコラーゲンなのです。

コラーゲンが減少すると、肌のハリがなくなり、たるみなどを生じ、肌の老化の
原因ともなります。このコラーゲンは加齢や紫外線の影響を受けることで
減少することがわかっており、40歳代になると、ピークである20代にくらべると
コラーゲンの量は半分に減るそうです。

若さを保つためにコラーゲンは必要不可欠なものなのです。

また血管は主にコラーゲンでできているといわれています。
血管にできた傷はコラーゲンによって修復されるのです。

しかしコラーゲンが減っていくと血管がしだいに硬くなり動脈硬化を引き起こす
可能性が高くなるんです。

動脈硬化になると心筋梗塞や脳梗塞を起こすリスクが高まります。
脳梗塞や心筋梗塞は日本人の病気の死亡原因としては癌に次ぐ多さがある
恐ろしい病気なのです。

copyright(C)ビタミンサプリ活用法